忍者ブログ
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不平等が健康を損なう格差社会を社会疫学を通して観る
昨今日本でも何かと問題になっている経済的格差社会。この点で2歩先を行っているアメリカを対象とし、主に社会疫学での研究事例を基に如何に社会全体としては不幸であるかについて説得力を持って述べられています。



資産の不均衡は単純に言えば経済的に上を目指したいという競争心を生み出します。周りが皆車を所有していれば生活上必要なくても自分もそうしたいと思うでしょうし、今で言えば子供達がNintendo DSを持っていないと仲間に入りにくいといった、いわゆる相対的な”地位的所有”を欲します。これが行き過ぎると資産獲得に多くの生活時間を割くようになり、結果として精神的疲労が広がったり、政治への無関心を生み出したり、人と人との繋がりといった人的ネットワークを形成する余裕が無くなります。高資産層は自分達の特権に固執し始め、低資産層では希望が見出せなくなり犯罪や自暴自棄に陥りやすくなります。

確かにこんな社会が幸せには映りません。



かつてユートピアを目指した共産主義は瓦解し、着々と蔓延りつつあるアメリカ型の市場原理主義は上記のような危うさを感じさせます。

では第3の社会システムとは何なのかには記述されていませんが、少なくても”この国のかたち”を考えていかなければならない事は確かでしょう。

例えば本書結論で触れられている社会的健康指標のような方向性を真面目に導入し、GDPの上がり下がりと同じくらい(若しくはそれ以上に)一喜一憂していくのも一案ではないでしょうか。



今後は本書の切り口で現在の日本社会について...


PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]